FC2ブログ
2011年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2011.11.29 (Tue)

よくわかる短期療法ガイドブック

アメリカ西海岸パロアルトにあるMental Research Institute(MRI)内に1967年に併設されたBrief Therapy Center(短期療法センター)から短期療法が始まった。MRIはそもそも家族療法の中心的研究機関である。


MRI短期療法が拠っている理論がサイバティクスの認識論やシステム理論やコミュニケーション理論というのがそれ自体はよく分からないが分かった。
挿絵が非常にわかりやすい。
偽解決の循環からの開放が介入となる。
筆者らが提唱する表裏のアプローチって一体なんだったのだろうか。SFAとの差異ってあったのだろうか。
事例ではよくスケーリングが使われている印象。
あとがきにある、単一アプローチに対する警鐘はごもっともでした。

do more do different
スポンサーサイト
12:33  |  短期療法  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2011.11.14 (Mon)

The Golden Mean

マザーテレサさんの漫画(児童向け)を読んで泣いてしまいました。とても清廉潔白で心の美しい方だなぁと感じました。そしてインターネットでテレサさんのことを調べていると、マザー・テレサ、スーパー物乞いというタイトルのページに辿り着きました。そして笑いました。それの真贋は僕にはわかりませんが、そう、清廉潔白で神格化されたモノほど生臭いという事を忘れていたのです。それを思うと生臭さも描かれている偉人はまだ良いです。一休とか。

ただ、テレサ氏が承認欲求に重きを置いているのは、わかってるなぁこの人。と上から目線で感じてしまいました。

この世で最大の不幸は、
戦争や貧困などではありません。
人から見放され、
「自分は誰からも必要とされていない」
と感じる事なのです。



久々にラジオを聞いていました。テレフォン人生相談というラジオです。それがまたとても酷かったです。パーソナリティが相談者に対して罵詈雑言というか、あなたが悪いんですよで終わってしまう。パーソナリティにとっては正しいであろう原因を追求、指摘して終わってしまう。なんのための相談なんだろうか。相談者は情弱なのでしょうか、サクラなんでしょうか。たまたま僕の聞いた3,4回がそうなだけかもしれませんが、あれはネタ番組なんでしょうかw
相談者を責めても何も始まらないですよね。たぶん。そういう意味で承認と言うかコンプリメント(褒める労う)を重要視するSFAはまだ良いと思いました。そう、大事なのはきっといつだって慈悲心だよ。

もっとほめてくれ
13:09  |  短期療法  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2011.11.13 (Sun)

Idle hands are the devil tools.

オナ禁が一日で何者かによって解禁されてしまいました。
新兵卒業すら中々難しいです。
症状としては、なにかこう皮膚の感触とかリアルに想像し始める神経が活性化するような気がします。
あとなにか自分が動ける感じ(活動量が上がる感じ)はします。

まず2日を目指す事とします。

△少尉△【05日目~07日目】
ー新兵ー【00日目~04日目】


1stジャンケン大会のリアルでもその人柄の良さが滲み出ていたあーみんは家族で釣りに行っちゃうような素朴な子。彼女こそが次期次期エースだ!
21:54  |  オナ禁  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2011.11.12 (Sat)

精神的な消費も?

ドイツの経済学者アルバート・ハーシュマンは
「公的な社会参加に挫折すると、国民の多くは私的消費により傾斜し、
そして公的な社会参加がより可能になると私的な空間から出てくる」という消費循環論を説いている。
12:44  |  メモ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2011.11.03 (Thu)

無料で健康診断できる券

わが町では、所得によっては無料で健康診断が受けられるとの事をつい昨日知ったので、早速役所に行ってきた。
一番奥にひっそりと存在していたなんちゃら課という所で事情を話すとすぐに(本人確認無しだったような)無料で健康診断できる券を貰えた。なんだろうか。なにか生類憐れみの令のごとく対応が優しかった気がする。僕が挙動不審だったのか?それとも資本主義における底辺への憐れみゆえなのか?それとも元ヤンキーゆえなのだろうか。そういう風貌の女人が応対してくれたんだが、元ヤンキーはやはり皆優しいのだろうか。

この券はありがたく使わせて頂く。しかし、こんな制度知らん人も多いだろうなと思った。こんなの告知しなければしないほど国としては美味しいもんな。いつだって福祉と資本主義は相反している。
あぁ、もっと生類を憐れんでおくれ。そう、大事なのはきっといつだって慈悲心だよ。
23:34  |  やってみよう初体験  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。