FC2ブログ
2011年02月 / 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

2011.02.28 (Mon)

言葉

何でも良いけど、分かりやすい言葉は分かりやすい。
寝室は寝る室
国語は国の言語
性交は性が交わる

自由、自然、恋愛→明治文明開化時おける洋書翻訳時に造語説
完璧→蛇足っぽい故事なのかな
菓子、言葉、米国、欧州、干支、事実唯真

かっこいい県名
Leaf of thousand「千葉」
Castle of thorn 「茨城」
I knows love   「愛知」 
スポンサーサイト



21:35  |  メモ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2011.02.25 (Fri)

地に、きちんと足が着いた生活

自転車のベルの上ブタだけ盗まれました。
追い剥ぎのようで…機械仕掛けの内蔵むき出しのベルがかわいそうでした。


もうネットをやり始めてどの位が経ったでしょうか。
孤男や無職ダメアンテナに入れてもらったものの、久しく見てないのですが、なんか分かってきた事があります。悲壮感のあったブログが復活というか普通になっていくというのを、少数ではありますが見てきました。そこで思ったのが、きちんと足が地に着いている感じです。普通になっていくブログってそういうのを感じるんすよね。脳味噌とか心が体を伝って足に、その足が地に着いている感じです。他になんて書けば適切なのか…難しいですね。

ロジャーズは、個人のパーソナリティを、自己概念と経験の一致、不一致から説明。自己概念と経験の不一致が不適応や病理を生み出すと説明した。  来談者中心療法 - Wikipedia

自分自身を受容したとき、人間には変化と成長が起こる。カウンセラーは、クライエントを無条件に受容し、尊重することによってクライエントが自分自身を受容し、尊重することを促すのである。  カール・ロジャーズ - Wikipedia




オリラジ藤森あやまんJAPAN ヘビーローテーション

チャラぺラ療法…あるかもしれんね。
14:49  |  日常  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2011.02.21 (Mon)

めも

『AKBとXX!』の川藤幸三(元プロ野球選手)とのガチ悩み相談というコーナーにて、他のメンバーが「私服がダサいと言われる」「爪が割れやすい」という悩みを相談する中、


増田「もう4年半くらい活動してるんですけど、選抜メンバーに最近全然入れてなくて…私だけ今回の(ロケ)メンバーで選抜メンバーじゃないんですね」
川藤「4年で終わりか?んじゃ高校野球3年しかないわな。レギュラー取れる人間って限られとるわな。そっから外れたらどうすんねん? それで終わりか?」
増田「いや、違いますね」
川藤「大学もあるし、次の世界もあるし。今この4年間があくまでも自分の下積みだ。基礎や」
増田「うん」
川藤「先生はその野球時代、現役19年レギュラーになったことないねん。ぜーんぶ補欠。毎年、下から下から若い勢いの良い選手が出てくんねん。ほんで全部抜かれていくねん」
増田「はぁ…」
川藤「だけど、だけどここからやで。ここで揉まれて何かを掴むんよ。
   目の前の事ばっかり追って行くんじゃない。“今”しっかり…。4年ぐらい何やねん! これからじゃ!」
増田「はい」
川藤「はい、がんばれ!」
ナレ「レギュラーなどでなくとも、無駄な時間は無い。これこれ川藤の人生そのものなのだ」


(ю:】p://www23.atpages.jp/akb49/?%E5%A2%97%E7%94%B0%E6%9C%89%E8%8F%AF

春は花夏ほととぎす秋は月冬雪さえてすずしかりけり
見るごとに皆そのままの姿かな柳は緑花はくれない
15:15  |  メモ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2011.02.20 (Sun)

死に際に言ってみたい

死に際に言ってみたいセリフとかってあるよね。

やっぱ定番だけどこういうのとかいいよね

「あ… あいつをひき込めば… あいつを差し出せば… 
ほ…… ほんとに… ぼくの「命」…は… 助けてくれるのか?」
ニタァ~ッ
「ああ~ 約束するよ~~~~~~~~~っ
 やつの『養分』と引き換えのギブ アンド テイクだ 呼べよ…早く呼べ!」


ろはんいずむ

この岸辺露伴が最も好きな事のひとつは
自分で強いと思ってるやつに「NO」と断ってやる事だ…


この死ぬかもしれない感じの時に、絶対的に有利な奴の鼻っ柱を折ってやる感じ。萌えるよねぇ。

で、久々に映画をみたんですけど、え~っと…あの超有名映画…2010年カンヌなんとか受賞…えーっと名前が出てこない…そ、そう!中村勘太郎さん主演の「禅zen」見ました!
ぜん
映画「禅」の中にも上記のような露伴イズムが感じられるシーンがあって、流行る映画ってやっぱ一味違うなぁと感じましたね。無論謁見していないような不届き者なんていないとは思うんすけど、万一に、いや外人さん向けに概略でも書いておきますね。

越前の永平寺で弟子と共に修行生活を送る道元。その元にお世話になっている地主のおっさんがやってきて「殿様が幻覚幻聴とかちょっとやヴぁいんで、カウンセリングしてくんないすか?」みたいな事をいわれたんで、まぁ無下にも出来ず「ちょ…ほんとはいきたくねぇなぁ」みたいな感じで、死ぬ覚悟で弟子にも印可状とか渡して身辺整理して、時の天下人北条時頼(幻聴幻覚もちDQN)にカウンセリングしに行くのでした。





「あなたは救われたい救われたいと願いながら何一つ捨てる勇気がないのだm9(^Д^)プギャー!」
いや、痛快ですよねこれは。周りはきっとジャイアンに逆らえないスネオ達だらけでしょうからね。周りのスネオズからしたら
マンセー道元
って感じでしょうね。いやー言ってみたい。言って見たいって言うか、なんか最後の覚悟で強者の鼻っ柱を折りたいんですよね。窮鼠猫を噛む的な。でそのままやられて死んでいくというね。そんなかんじですは。

あと、言いたいのはかく語りき(ニーチェ)の
「「これが人生だったのか。ならばもう一度!」ですね。
いや、もう遠慮したいっすけどね。永劫回帰という概念を知った上でのこの台詞。いやはやかっこええですは!
16:28  |  ゲーム・アニメ・映画・ドラマ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2011.02.19 (Sat)

宗教哲学心理学

従来既存のやり方、考え方では苦しくなってきた時に役立つ。隣接領域?
宗教=ロールモデル、開祖の人生哲学、一作品

森田療法とか内観療法は仏教から影響を受けてる。
SFAは諸行無常的なエッセンスがある。
悟りはリフレーミングなのか
ジャンプ的研究:内的統制傾向と外的統制傾向
道元と露伴

ニーチェ
「真理とは、それをなくしてはある特定の種の生物が生きられないような種類の誤謬である」
主張とは自己主張、自己を肯定主張する側面がある。
「神は死んだ」
「これが人生だったのか。ならばもう一度!」
10:29  |  メモ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |  NEXT