FC2ブログ
2011年01月 / 12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2011.01.31 (Mon)

お徳な聖地エルサレム

放送大学のテストが終わりました。

AKBと宗教系書物にはまっています。
宗教とラジオ(TV)と酒は実に阿片ですね。楽な受動行為やからね。

ユダヤキリストイスラムは家族みたいなもんやったんや!

歯医者にいく。

宗教は人間の心をしびれさせる阿片である。
音楽もそうである。経済学も、成功も、酒はもちろん、ラジオも、賭博も、野心も優れた人の阿片である。
だが最高の阿片はパンである。そのために人間は見境もなくわけき立て、奪い合う。
-ヘミングウェイ


宗教は世人の阿片だ…今では経済学が愛国主義と並んで人々の阿片となっている…性交はどうだ、これは人々の阿片だったろうか?だが酒はまたとない阿片だった、全く上等の阿片だった…とはいえ、人々のもう一つの阿片であるラジオのほうを好く人もいる。
_ヘミングウェイ「賭博師と修道女とラジオ」

スポンサーサイト
20:06  |  メモ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2011.01.24 (Mon)

赤玉ワイン

去年の暮れ、大晦日に一人の老人がチョコレートパイと赤玉ワインを買っていたのをみて、なんか絵になるなぁかっけぇなぁと思った。
赤玉って飲んだ事がなかったので挑戦してみた。
あかだまわいん

あまい。度数が結構あったような気がするけど、糖分多すぎで全然酔わない感じでした。
ワインという名のジュースでした。値段も安いしジュース感覚で中々おいしいっす。
01:07  |  やってみよう初体験  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2011.01.19 (Wed)

あまえるといふことについて

少し前、話題になった中紫ちゃんの「セロ弾きのゴーシュ」読書感想文がすごいということで読んでみました。

http://www.google.com/search?hl=ja&lr=lang_ja&ie=UTF-8&oe=UTF-8&q=%E4%B8%AD%E6%9D%91%E5%92%B2%E7%B4%80&num=50

「セロ弾きのゴーシュ」って抑圧からの解放、本当の輝く自分を取り戻す(`・ω・´)キリッってなストーリーだったんだなぁ。
読んだ事ないけど。
にしても咲紀ちゃんは悟ってるなー

ちょっと最初の方の文を引用

だれにでも、一生をかけてやり通さなければならない、神さまからもらったみたいな大事な事が、一つはあると思います。それをやらなかったら、その人は、本当のその人ではなくなってしまうような大事なことです。かっこうが「かっこう」とうたうこと。ゴーシュがセロをひくこと。私にもそういう何かがあると思います。そいういう何かをやり通さなくても生きることはできるけど、それをやりとげていくことが、本当に生きる仕事をしたということになるんだと思います。



あ、あれ?kこれなんかみたことあるような…

なぜさっきあんなことをいったのだろう?思わず口から出てしまったんだ私が考えもしなかったことばが!私があの男にしゃべったことばは私が自分自身に教えたんだ!おお……私の心のとびらが いま開いたぞ!!
光よ 
光よ
光よ!私の前を照らしてください
私は命のかぎり果たします
この宇宙の中の私の役目を!


ブッダ/手塚治虫


ブッダ再誕キ、キタ……(゚∀゚)……?こ、幸福の某っぽいな。
いやでも、中村ちゃんは執筆当時小学2年生だったわけだが、小2で使命とか考えるかぁ?いやおるんだろうけど、うーんすごいな。

他にも投影性同一視とか優しく説明してくれるし、
メイン主張の「抑圧すんな!自分に正直たれ!抑圧していると自分だけでなく他人も傷つけてしまうんだ!!!!」とかなんかもう色々すごいのよ。これって色々経験を積んだ上でぼんやり分かってくる事なんじゃないのかね。小学二年生…しょうにぃ??いや、おっさんだね。中身はおっさん。おっさんレヴェルの説法ですは。

なので読む価値はあると思います。さきちゃんクラスの感受能力、思考能力は大人でも中々達せない域だと思うので中紫ちゃんに説いてもらう価値はあると思います。

ブッダ再誕なんかじゃない。 そう、ここにロリブッダが生誕されたのだ。
14:05  |  本・資料・まんが  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2011.01.15 (Sat)

DQN48





おしめんはヒゲで。編集すげぇっす。AKB:204DQN:200
15:59  |  日常  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2011.01.12 (Wed)

ちゃんぷろーど

チャンプロードに凍りついた瞳的な漫画。
チャンプロードといえば中々歴史のあるそっち方面では有名な雑誌だ。
それに凍りついた瞳的な漫画。こういう漫画が突発のものなのか、結構な頻度で載っているものかは分からないが、この漫画を掲載するという事は、この漫画はチャンプロードにおいて有りと作る側に判断されたという事だ。
つまり、昔傷ついたんだよぉ的漫画はありと。需要有りと。この漫画を見て購買層はどう思うのだろうか。思いをはせて涙を流すのだろうか。なにかメンヘラと隣接している印象を受けた。

DQNもヒッキーもメンヘラも根では同じなのかもしれない。
抑圧パワーがどこに向うかで、攻撃 逃避 昇華 とか別称になるのか。
抑圧パワーはすんごいな。
防衛機制っていう概念を作り出したアンナFのがもっとすんごいんだけどね。間違いない。AF△
04:14  |  メモ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。