FC2ブログ
2010年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2010.11.28 (Sun)

ランス君

アリスソフトのランス君に数日もっていかれた。
ランス君のやめ時ってほんと分からないよね。
僕もいつか、とーーーー!って叫びながら皇帝液を出してみたいです。

p://littleprincess.sakura.ne.jp/pukiwiki/index.php?FrontPage


スポンサーサイト
15:28  |  日常  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2010.11.23 (Tue)

しぶとさ

しぶとさは、キモ美しいのです。

紅葉

23:26  |   |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2010.11.23 (Tue)

カウンセリング(Sシナ先生①)

二箇所目の精神病院。カウンセリング。

カウンセラーの先生に呼ばれ、個室に入る。
先生の名札を見てウッ…となってしまう。
学園時代の同級生女性と同姓同名であった。ちなみにその学園時代の女性と似ているような気もする。年齢もほぼ同年代くらいであろう。

昔の知り合いにカウンセリングなんて絶対受けたくない。無理。 顔が火照り、急にトランスモードに陥る。

唐突に先生に 昔、会ったことありますか? とか ご出身は? とか聞いてしまう。明らかに僕はテンパっていた。結局はぐらかされる。何か不信感が募る。その後は質問を多々受けるも、何かそのことが引っかかり、うまく開示できず。

結論まとめ
①あなたの解決すべき問題が曖昧でありあやふやである。
②あなたが言葉を選んで話していたのでよく伝わらない。

当たり前である。だって前提がとれてないんだからw
昔を知っている知り合いではないという、前提がないと無理ですは。
不信感ラポール感0である。

そしてなにかこの人は言い方がきつい気がする。Sなのだろうか。それとも僕のカウンセリングを受ける態度がだめだったのだろうか。態度としてはずっと床を見つめ小さくガムを噛んでいる感じだったが…ダメ…か?

例外なく、被害者は経営者視点がヌルかった。
出典:職場のイジメの被害者を助けてあげようとして、酷い目にあいました - 分裂勘違い君劇場



うーん…また今度逝く時は、昔の知り合いではないか確かめようと思う。やはりそこが気になって仕方がない。その際は言い方説明をきちんとせねばなるまい。今日の探り方は唐突すぎて良くなかった。自分の中の文脈をきちんと説明できてなかった。
言い方を考えるという、これが既にトレーニングなのか?

あとやっぱ若いネーチャソは苦手かもしれないというバイアスが本日加速されたのでした。
やっぱカウンセラー指名はすべきと。年齢性別指名した方が絶対良いわ。と思いました。特に年齢とか重要だなと思いしりましたよ。




大陸系の顔立ちでSなのでSシナ先生と命名。
そんなに僕の態度がひどかったのだろうか?Sシナ先生が繊細なのだろうか?

Sシナ先生の一言「今も、早く帰りたいでしょうから…」
00:32  |  治療記録  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2010.11.22 (Mon)

宗教集会

駅ビルをぶらつく。
最上階へ行き、下の人々をぼーっと見下ろす。人ってこんなにもいるのか。小さく見える人が蟻の如く群がり、エスカレーターで昇ったり下がったりしている。群がる。蟻だ。俯瞰で見たときの人と蟻の違いはなんなのだろうか。

最上階をぶらぶらしていると、無料セミナーをやっている部屋がふたつあった。暇であったのでどちらかに入る事にする。一つはあからさまに大手宗教団体のセミナーであったので敬遠させていただく。

もう片方の写真家の無料セミナーに入る。扉を開ける。ガラッと開けると数人こちらを見る。セミナーは既に始まっている。ぼちぼち人が入っている。受付のおっさんにぺこっとする。記帳に名前を書く。資料を貰う。空いている席に着席する。周りを見渡す。平均年齢30~40くらいの人々であろうか。
教壇の位置というかなんというか、前の席で美人が話している。かわいい。資料にも目を落とす。

美人カメラマンを見る。かわいい。カメラマン話を聞いているとふと、話が変な方向へ逝っているのに気付く。

「仕事で困った時に、神様助けてくださいって。どうすればいいですかって。聞くんですね。」

何枚かの資料をよく見る。キリスト教系であった。って事は周りは皆キリシタンなのだろうか。

美人の話は続く。オスカーワイルドの幸福の王子を語る。
キリストとの出会いを語る。
彼女いわく、思春期に何をしても確信がもてないというか、自己不全感というかそういう不安があったらしい。外見では全然悩みとかない感じを醸し出していたが、内心ではなんだかこう不安であったという。行動の基準の軸がほしかったと。その折に家族経由で聖書に出会ったのである。そして神の存在を知り、自分の小ささを悟ったと。
エピソードを語る。
外見は最高に見えても実は中身がおんぼろな事ってあるよね。中身が良い人でいたいと。

終。拍手。次の会合のお知らせ、出版物の告知等があった。
帰宅準備をしているとふと、右前の席の中年男性に、よくこられるんですか?と聞かれる。いえ、たまたま…と返す。男の顔が一瞬曇り、違う席の人間に話しかけに行かれた。
帰り際に小銭をカンパする。去る。




宗教集会初参戦であった。可愛い子だった。あんな子と知り合えるなら、宗教も悪くないかもしれない。
宗教って一種のロールモデルだろ。そこに寄りかかり考える事を破棄するのはとても楽そうだ。考えを破棄するのが宗教だからこそ政治に利用されよるんだろうな。いやしかし、本人が幸せを感じているのであれば利用される云々はぬきで、それはそれで良いのかもしれない。が、なんだかなぁと顎をしゃくらせながら思ってしまうのでした。

一説では推定IQ200越えの稀代の天才詩人ゲーテ先生の言葉で締めようと思います。

人間は努力する限り迷うものだ。

23:52  |  やってみよう初体験  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2010.11.20 (Sat)

回転させる本

飯屋。蕎麦を食す。店を出て気付いたのだが、大盛り料金になっていた。大盛りなんて頼んでないわけだが…レジに戻り、中国人のねぇさんに言う。絡む。きょとんとしていた。おれは…大盛りを食べたのだろうか?絡んだので自分の中のソレを一応出せたのでよしとする。

図書館IN
横並びの席しか空いていない。横並びの席は苦手である。両隣の人間いかんでは集中できない。隣の席のDQNが俺の机を侵食する形で教科書らしきものを広げていた。いらる。
OUT

古本で当たり本久々にひいた。國分康孝氏の著作である。自分でも他人でも長期的付き合いのために主張、気になることは言え!、ロールモデルの大切さ、そしてかの高名なエリスタソに師事していたという!SUGEEEEEEEことである。本自体も中々いや結構良いかと。溜め込み遠慮抑圧型(言葉で表さず、態度で不機嫌型)は先手を打って要求を満たしてもらっていた人であると。なるほどなぁ。人は良くも悪くも環境に適応するんよなぁ。現代の少年犯罪いきなり型とリンクかなぁこれ。少子化チヤホヤした結果がこれだよ。
01:27  |  日常  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。