FC2ブログ
2010年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2010.09.29 (Wed)

人間性回復、情緒的人格的精神的成長

エンカウンターグループ とはhttp://groupmoe.digi2.jp/about01.html

エンカウンターグループとは、1960年代の米国における、人間性回復運動の中で生まれました。当時、カウンセリングの創始者といわれるカール・ロジャースと仲間たちが、毎年夏になると全米から集まってワークショップを開いていました。

やがて、この様にそれぞれが1年間深めてきた経験をもって集まることが、どれほど豊かで人の内面の可能性を活性化させるか、また、自分のありのままを、そのもがきを、仲間に聞いてもらうことが、自分自身をいかに成長させるかが解ってきました。

そして、この場での豊かな経験の源が、人と人との壁を取り払った真実の出合いであると気づきました。
彼らは、理論・方法論を整え、『エンカウンターグループ』とこれを名付け、活動がスタートしました。



エンカウンターグループやヴぁいな。熱そうだ。参加したいぬ。



エンカウンターグループは衰退したようですm9(^Д^)プギャー
値段ぼったくりすぎワロタww1万越え余裕でした(´p`)
唯一良さげな守口オープンエンカウンターグループ(MOE)は参加費500円!!
しかし大阪といふ…ぐぬぬぬぬぬぬぬぬあああああ

よーしパパ頑張って18切符で一回位は逝っちゃうZO☆

守口オープンエンカウンターグループ(MOE) http://groupmoe.digi2.jp/






僕の情緒的人格的精神的な成長はどこかで止まっている。
ハビリテーションが必要なんだな(・∀・)ニヤニヤ

エンカウンターグループ
②発達心理学?
③治療・対人経験○




秋葉原無差別殺傷事件に見る成熟格差社会
tp://www.katotaizo.com/murder/murder02.html
こうした社会現象を私は成熟格差社会と言いたいのである。所得格差や学力格差は眼に見えるが、成熟格差は眼に見えない。
 そこで眼に見える所得格差や学力格差は盛んに社会の歪みとして議論される。
 それに対して成熟格差は眼に見えない。しかし情緒的成熟の格差は所得格差どころではない。はるかに深刻である。それは天と地ほどの違いである。
 同じ三十歳の人の所得格差よりも、同じ三十歳の人の情緒的成熟の格差ははるかに深刻である。そしてこの歪みが社会にもたらす影響は極めて深刻である。

ほんまやでぇテイゾー先生…
スポンサーサイト



23:18  |  本・資料・まんが  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2010.09.28 (Tue)

うん国際orz=3

何が日本の若者を俯かせてしまうのか?――ブエノスアイレスから見た不思議の国・日本:日経ビジネスオンラインhttp://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20100924/216349/?P=1

中国人だけどしつもんある? 働くモノニュース : 人生VIP職人ブログ http://workingnews.blog117.fc2.com/blog-entry-3245.html

メタ認知や抽象的思考ができない人が心がけ実践すべき3つの事柄:DESIGN IT! w/LOVE http://gitanez.seesaa.net/article/133527498.html

ディベートの世界 http://www.logicalskill.co.jp/debate.html
23:28  |  news  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2010.09.27 (Mon)

コラージュ療法

コラージュ療法やってきたよー(´ρ`)
中々気持ち悪い作品を作ったよ

恐怖症は治せます! うつ病治療~コラージュ療法
tp://kyofusho.blog101.fc2.com/blog-entry-322.html


コラージュ療法では、基本的に作成者本人に自分の作ったものについてどう思うのか、どう感じているのか、などを話してもらいますが、コラージュ療法も箱庭療法と同様に、作れらた作品にはそのうつ病患者の興味や性格、作った時の心理状態がはっきりと現れてくるので、話すが苦手な子供でもスムーズなカウンセリングが出来る方法だと思います。


・はっきり現れとった!!w
コラージュ療法、中々いいっすね。

アーツセラピー研究所-コラージュ療法とは tp://homepage2.nifty.com/arts-therapy/collagetoha.html



<コラージュ療法による癒し>
コラージュ療法は他の芸術療法同様、制作し創造すること自体が自己治癒のプロセスです。
コラージュは雑誌から切り取ったプロの写真やイラストを使うので、絵の上手下手にかかわらず鑑賞に 堪えるものができることは治療要因として大きいと思われます。良いものができたという満足感が心の 安定をもたらし問題解決へつながっていくのです。また切ったり貼ったりする工作的作業は、子どもの心へ戻る作業でもあります。心の鎧を取り去って出来上がった作品と向かい合えば、作った本人自ら気づくことが多いのです。しかし無意識が意識化される際に、傷ついた心の内側を開きすぎては傷口が悪化しかねません。その点コラージュ療法は安全性が高く安心して施行できます。いやな写真や絵は切り取らない、切り取っても貼らない、貼ってしまってもその上に他の切片を貼ることができるなど、コラージュには幾重もの回避性があります。いずれにしてもセラピストの役割は自由な表現を保障し安全を確保することですが、コラージュ表現を拒否できる自由をも保証しなければなりません。またクライエントとセラピストの双方が同時にそれぞれの作品を制作する同時製作法による相互作用も重要です。
コラージュを通して作業を共にする時間を大切にしたいものです。  
20:03  |  治療記録  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2010.09.27 (Mon)

ソリューションフォーカストアプローチ

中心哲学ー3つのルール

①もしうまくいっているのなら、変えようとするな。
②もし一度やって、うまくいったのなら、またそれをせよ。
③もしうまくいっていないのであれば、(何でも良いから)違うことをせよ。



4つの<発想の前提>

①変化は絶えず起こっており、そして必然である。
②小さな変化は、大きな変化を生み出す。
③「解決」について知るほうが、問題と原因を把握する事よりも有用である。
④クライエントは、彼らの問題解決のためのリソース(資源・資質)を持っている。
クライエントが、(彼らの)解決のエキスパート(専門家)である。



君の友達 解決志向ブリーフセラピー
01:22  |  短期療法  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2010.09.22 (Wed)

はてなアンテナ

ぼっーと、アクセス解析なんて見ちゃっていたら、
はてなアンテナなるものから、飛んできてる人いる!ってなって

はてなアンテナって何?ってググッたらなんか便利そう!ってなって
いやこれってダメ4thじゃんって気付いた。

いやでもこれ私的使用も便利そうだな。
01:05  |  日常  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |  NEXT