FC2ブログ
2010年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2010.07.02 (Fri)

会話の内外

最近分かったのだが
会話にはベクトルがあって
内向きと外向きがあるのに気付いた。

内向きは更にソレについて話すことで
外向きはソレ以外に話が飛ぶことを示している。

話が下手な僕自身は内向きが多いことに気がついた。

ネットラジオを聴いていて分かったのだが
なんでもマジレスする奴とか話が下手な人は確実に内側を向きすぎている。

逆に話が上手い人は外向きの会話もてきとーに楽に話をしている。
そう。思ったことを言ってしまうっていうのは実は
外向きのベクトルに本来近いものだと言う事が分かったような。

つまり内向きな会話をしがちな人は頭で会話しようとしているんじゃないかなと。
ふつーに思ったことを話していれば、自然と外向きな会話も出来てくると思う。

勿論、全然頭を使わなくても良いとかじゃないんだけど。

少してきとーに話すようにするだけで話はちょっと上手くなると思う。
てきとーな気楽さもいいもんだと思う。




追記

会話の内外、方向性は話しているソノ人、相手によると思ってきた。

例えば、いい意味で適当に話せる人、信頼できる人とは究極的な外的会話が出来る。
相手が色々話した後に、「…あーねみぃ」とか言っちゃう。
そう。
外的会話が普通にできるというのは、相手への信頼のバロメーターなのかもしれない。

つまり自分が、なんか内に内に会話をしているという事は、
信頼できていない、ちょっと緊張しているのかもしれない。

人を観察していても、その法則がなりたつのか否か。
スポンサーサイト



02:12  |  主張:引用  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |