FC2ブログ
2010年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2010.07.31 (Sat)

大阪2児放置死事件 2010/07/31(土)

434 :名無しさん@十一周年:2010/07/31(土) 17:59:59
放置すんなら、家じゃなくて乳児院の前においていけよ。


・つまりは消えて欲しかったんだよなぁ。粘着テープでドアを目張りとかww
餓鬼が餓鬼を産むとこうなる典型。子供には子供を育てる事は出来ないんだよ。一生贖罪してくれやみてくれやさいのうもry

どれだけ贖罪しても決して許されることはない、終わりがないのが『終わり』  それが『ゴールド・E・レクイエム』.




487 :名無しさん@十一周年:2010/07/31(土) 18:31:10 ID:bH4FBLZi0
>>485
父親は、自分を産んだ母親とは離婚してて
今は別の女性と再婚してるんじゃなかったっけか?
それでは、頼れないだろうなと思う。
後妻は当然、連れ子に子供連れて帰ってきてほしくなんかないから
敢えて行き先を探したりなんてしないだろうし、
父親のほうも、もし娘が帰ってきても実際あれこれ手間かけるのは妻だから
何も言えずに黙っている、と。

495 :名無しさん@十一周年:2010/07/31(土) 18:32:52 ID:nj3pNqjd0
>>487
父親、今、3番目の嫁さんがいるの?
他の兄弟はみんな腹違い?
じゃあもう実家って感覚ないかもね。

501 :495:2010/07/31(土) 18:35:05 ID:nj3pNqjd0
もう拠り所が完全に断たれた状態だったんだな。




・人がヤヴァくなる時、バックにより大きな背景、環境があるんだよ。
事件ていうのは結局は氷山の一角なんだな。
 
お家が没落して勝手やってきた親父さんのツケも回ってきたってこったなぁ。
スポンサーサイト
18:48  |  news  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2010.07.29 (Thu)

ラジオ書き起こし

ラジオを書き起こししている
時間かかるなぁコレ

コツとかないのかなぁ
22:29  |  日常  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2010.07.24 (Sat)

[友情]友達が重い?

なるたけ素起こし。
感嘆符については僕の受けた印象であり、的確でない可能性もあります。

ぶ=ぶたおさん
川=川柳さん
灰=灰鳥さん

出典:BS@もてもてラジ袋 tori385b.mp3



ぶ「あのなんか、友達が重いってなんですか?
川「いや違うんですよ。あのね、コレもさっきの続きなんですけど、あのヤングブッタって言う雑誌なんですけど
灰「りゅうほう先生!
川「りゅうほう先生の雑誌の中でね、今回特集が組まれてるんですよ。友達が重いと。いやこれがね。なんかこう読んでますと、{友達が大事!友情って素晴らしい!なーんて言葉も聞けば聞くほどプレッシャーになっちゃうしね!何のために友だち付きあいしてるんだろう?友達のために生きてるんじゃないよ!って言うような悩みが。
灰「やめとけやw
ぶ「悩みなんですね!?
川「うん悩みなんですよ!

ぶ「それおかしいなそういうの言うのって。おかしいわおれ。なんかむらむらしてきたわ。
灰「それでも前提として友だちいるんですよね?
川「友だちいるんですよ
ぶ「どんな友だちやねん!そこまで思うって
灰「友達がおらんで悩むっていうのならわかるんですよ
ぶ・川「わかるわかるわかる
ぶ「居て何でそんな嫌なプレッシャーかかるんですか!?
川「いやでもね、こう書かれている奴を読みますとね、ぼやきって言うのがあるんですよ。{私たちは親友だよねって言われるのが重い!だって親友じゃないから!}
灰「ほな、親友じゃないよねって言ったら良いじゃないですか。
ぶ「言ったらいいし、この人は親友って思ってるんや。俺は思ってないなそこまで。って思ってたら良いんじゃないですか。
川「そうでしょ。
灰「主観ですからね。
ぶ「だって親友って主観じゃないですか!あのー赤の他人でも今から親友だって思えば親友じゃないですか。そやし、どんだけ親友だと思われても、他人だと思ってたら他人やしってことでしょ。お互いなんかこの親友ってあれですか、確かめ合いますか!?

灰「ぶたおさん親友って何人いるんですか?
ぶ「いや、いっぱいいますよ。
川「うん。そう思えばそうでしょ。
ぶ「うーん、かなりいると思いますよ。
川「ちなみに一番最初のアンケート言うの忘れてました。{友だちって大事?っていうアンケートを取ったんですよね。しりませんよこれ。本のアンケートねこれね。何よりすげー大事って人が24%:結構大事って人が64%:あんましって言う人が12%}
灰「だから88%の人は友だちが大事なんですね。」
川「そうそうそうそう
ぶ「うーん偉いなぁ
灰「そらまぁ友だち大事?って聞かれていや全然っていう奴はいないですよねw」
川「で、その中の9割近い人の中で、{友だちって重いって感じしない?}っていうアンケートを取ったんですよ。結構重いと思う24%:多少重いと思う46%:あんまり思わない22%:全然そんなことはないよ8%」
川「まぁ大体70%くらいの方がもう重いねん友だちって
灰「重いんや
ぶ「その重いってどういう意味なんですか?友だちを重視するって重さなのか。負担やっていう、もううっとしい
川「あのねぇ。それがねこう、意見を読んでますと。例えばメールやMIXIのコメントってあるじゃないですか。これって気を使うんですよ。これが重いっていう事なんですよ、気を使うっていうね
ぶ「いやでもね幸福の科学の、幸福の科学ごときのときのアンケートで、こんだけなんか議論すんのもすごい癪なんですけどwこんな奴らが勝手に書いてる事についてうーんそうかなっていうのも
灰「度数のないアンケートってどんだけ信用したらええんやろw
ぶ「に対してコメントするって言うのもなんか釈然とせーへんモノがあるんやけど。えーほんまにそんな事思ってる人が幸福の科学関連意外でいるのかな、幸福の科学の奴が特別ってこと?

川「特別なんかな?だってこう書いてありますよ。例えば{友だちの輪って言うのがあると
ぶ「古いなまたw
川「俺は高校時代、女子が8人男子9人っていう少人数のクラスだったんだけど。そこで一発芸大会っていうのをやらなくちゃいけなくなったと。でも俺やりたいわけじゃないんだけど、やらないと友だちの輪に入れないよ。
灰「いやいや。それ、やらないとその場のノリが悪くなるからってことでしょ
川「まぁまぁね。恥ずかしいけどまぁ一発芸やったよと。いい気分はしないけど、友だちっていう契約を取り付けるための代償だね!!!
灰「いやいや飲み会くんなやwだからもうw
ぶ「千円やるから帰れw
川「でね、なんかしらんけど、そういう事が結構あると。友だちって言うのはお互い無理して同調し合ってるっていう感じじゃないか!って言う事をココでは主張してるんですよ
ぶ「あのね、無理して同調してって言う事もない事もないよ
灰「それは社会生活の中でですよね
ぶ「これね、俺もまたこれ言ってて、所詮幸福の科学の冊子に反論するのも、ものすごい癪なんですけどwこんな嘘かもしれない事に
灰「誰が言うてるのかわからへんw
川「いやコレ書いてあるよ。イタガキノリコさん、キシマタカオさん、コニシマナミさんが言ってますね。ちなみにコレ大学一年生、大学三年生の…
灰「皆大学生なんですね。
川「そうそう皆大学生なんですよ。
灰「リア充って言うんですか?
ぶ「いやまぁそのね。友だちの輪に入るであるとか、友だちとやっていくために、嫌やけどまぁ折れるっていう事もない事もないですよ。
灰「大体あの、ホラー映画とかホラー小説とかでは、そうやってどんどんストレスたまった人間が最後爆発しますよねw
ぶ「うーん。そこでね、嫌やけど折れました。ここはまぁ合わせとこっと、それかなんか嫌な事されたけどまぁ許しとこっと。で、そこでストレス溜めるかどうかやねん。うん。
川「なるほどね。いやそうやと思いますよ。
ぶ「溜めるかどうかやねん。ため…溜めんとこうや。
灰「いや…だから溜まるって言うてるんですよ彼らはw
川「溜まるって言うてるんですよ。
ぶ「発散しようよ。オナニーとかして。
灰「いや無理して付き合わんかったらええんちゃいます。
川「いやだからなんかね。この人いわく。やっぱなんかね、とりあえず輪に入っていたいっていう。要するに繋がってる感ていうのが欲しいんですよ。
灰「一人は寂しいと。
ぶ「いやまぁ入って良いですよ。無理して入るなって意見もまぁあるやと思います。でもまぁ入らなあかん理由があるんでしょきっと、彼、彼女には。
川「いやそのね。例えばこう書いてあんねん。友達の中に入ると、よう分からんよ俺もね、よう分からんけど、自分らしさっていうのがどんどん消えていくと。
ぶ「友達の輪に入る事で?
川「そうそう。友だちと同調せなあかんから。自分らしく生きられへんと。
灰「主張したらええんちゃいます?
川「言われへんねんwそれがね。なんかほんまは疲れるんだったら重荷になってる人間関係をサクっと切りたいんだけど、そこまで深刻じゃないと。切るほどでもないと。と、こう書いてあるんですけどね
灰「で、ど、どうしたらいいんですか?それは

川「ここに書いてある意見がね。解決策としては、自分で考え、判断して、意見を持って、まぁ言うたら余計な付き合いは自制する。って書いてあるんですけど。
灰「あんまりしんどいんやったら付き合わんでええって事でしょw
ぶ「付き合わんでええって結論やんかそれw
川「書いてあんねんもんw
灰「そのまんまじゃないですかwたぶん誰に聞いてもそういう答えが返ってくると思うんですけどw
川「大川先生これすごいねっていう風に書いてあるんですよ。こんな事言って貰えるなんてみたいな
ぶ「いやまぁでもそれ、ストレスを抱えつつも友だち付き合いっていうはあんまり強制されるもんじゃないから、それでも行くって事はなんかしらメリット感じてるって事ですよねぇ。
川「いやあるんでしょう。なんかね友達って言葉ってさ、なんかものすごい一人歩きしてるところもあるやんか。はっきり言うて!
ぶ「うーん
川「なんか、友だち=親友みたいな。親友っていうか、なんでも相談し合える自分の相談相手みたいな。なんかイメージ的にね、友達っていうのはそんな言うたら別に、重いもんでもなく軽いもんでもないと。僕はね、そんなイメージがあるんだけど。ただもっと重ーく考えてる人もいるじゃないですか。友達といえば。
灰「利害関係ない知り合いが友達なんじゃないですか?
川「と思うんだけど。でもそれでも、イメージ的には、例えば、お金困ってんねんって言ってお金貸してくれるような人が友達や!とかね。
ぶ「まぁまぁそれでもいいでしょう。その人がそう定義するんであれば。
川「結構重いんですよ。ハードルが。ハードルが高いというかね。だから俺は親友と友達っていうもの分けるのもあまり好きじゃないんだけど。別にそんなそこにも、言ったら僕は差はないと思うんだけど。でもなんかそういう人って、例えば親友と友達にものすごい隔たりがあるみたいな。
ぶ「友達、友達以外とも隔たりがあるのかもしれない
川「そうそう。あると思うよ
灰「うん。まぁねぇ。ぶたおさんじゃないけど、ほんまのアンケートかどうか分からないモノにどこまで言うのかって言う部分がありますけど、大学生でしょ、想定が。19から22くらいの子らでしょ。一人になんのが一番怖い頃ですわね。思春期終わって社会出る前で。
川「うん。でもなんか、そういう友達うっとうしい、めんどくさいって書いてありますよ。
灰「だから、付き合いはしんどいねんけれども、やっぱり合わせとかなあかんし、一人になるっていうのは辛いし、って言う位でしょ
川「そうそうそう

灰「で、ちょっと思ったのが、MIXIのコメントで、ってやっぱほんなら幸福の科学のコミュとかMIXIにあるんですかね?w
ぶ・川「あるでしょうねw
川「あるんでしょうねw
ぶ「創価学会コミュとかあるんでしょうね!公明党コミュとかあるよね、それはw
川・灰「あるでしょうね

川「ちなみにね、幸福の科学、職員募集してるらしいっすよ。
灰「ほう、給料いいんかなぁ
川「うーん。ダイナミックな宗教文化を作りたい方、自分の感性と企画力を強く売り込みたい方、フットワークが軽く行動力に自信がある方。ぶたおさんどうでしょうか?
ぶ「ゼッタイ嫌なんですけど
川「世界を舞台に活躍できるらしいですよw
灰「なんかもうそれ全部精神論じゃないですかw
ぶ「ゼッタイ嫌なんですけどぉ
灰「やる気があればOK!って書いてあるのと一緒ですよね。大体ブラックですよね、そういう会社って
川「新卒採用、2010卒業を迎える学生、中途採用、社会経験をお役に立てたい方。
ぶ・灰「ほぅ
川「社会経験をお役に立てたい方って事は別に社会経験なくてもいけるわけや。
灰「いや、あなたの今までの経験を生かしてくださいってことですよね
川「あぁそういう事かぁ

ぶ「そうそうそう。あぁーそのMIXIなんかでも友達づきあいみたいなんにストレス感じるっていう…
灰「でも、マイミクでね、なんか自分のマイミクの定義作ってる人っていますよね。僕まえに、以前マイミク切られた人は、足跡あんのにコメントせぇへんからマイミクじゃないって言われて切られた事ありますわw
川「俺、友達を整理するって言って切らましたわw
ぶ「あぁなんかねぇ、MIXIで友達って設定するんですけど、なんか定期的にふるい落しかけてくる人いますよね。
灰「そうそうそうw
川「はいはい
ぶ「あの、これから何ヶ月、期間中にコメントなかった人はマイミクとみなさないから切るんでぇ、見たいな事一週間前くらいに宣言して、嫌やったらコメント付けてくださいみたいな事
灰「あれ、皆おらんようになったらどうするんやろうねぇ…
ぶ「いや、誰かが残るんでしょうけどね…まぁ女性多いですよね。そういうことするのって
川「なんか俺、よう整理対象になりますよ。
ぶ「整理します
灰「だって、だって川柳さん、コメントとか全然返さない人でしょw
ぶ「ほんで、なんか日記にそういうこと書いたら、僕切られちゃうのかなぁ。みたいな事書くんすよ。ほんなら、なんとかさんは大丈夫だよぉって書くんすよwその不毛なやり取りするんですよねw
川「なんか嫌やなw俺それのがうっとうしいわw
ぶ「うーん切らせてもらいます!w
灰「そんなんが重いんですねw
川「コレは重いねw重いね。いやうっとうしいねw
灰「ほな、マイミクおらんでええやんみたいな世界なんだけど、マイミクが減る事がすごい心理的プレッシャーになる人もいるのかなぁ
ぶ「まぁMIXIがマイミク0やったら会員追い出すって言ってる様な所なんで
灰「わたしにとってマイミクとは交流のある人です!みたいな事言われた事もあるなぁ
ぶ「そやったら顔知らん奴マイミクすんなよって
川「そうそうそうそう
灰「もともとそっちから申し込んできたんやろみたいなねw
川「あるあるある。勝手に申し込んどきながらもうなんかパスみたいなね。整理しましたから
灰「整理しました…もうどうしたらいいんやろ
ぶ「ああいうMIXIとかって心弱い人が浮き彫りになりますよね。うーん。コメント、足跡ついたらコメントつかない?おまえじゃぁ見た日記全部コメントしてんねやろな!?って言ったらしてたりするんですよねw
灰川「してたりするんですよねw
ぶ「してたりするんですよねw恐ろしい事にw
川「あぁ知ってるんすか?
ぶ「いや知らんけど。たぶんそんなことしてるんちゃうかなって言う人もいるかなっていう
灰「やってるんでしょうね。
ぶ「やってんでしょうな。してるわよって

川「ちなみにこん中で友達が重いって思ったことがある人っていはるんですか?
灰「重い…
ぶ「俺はない。友達が重いってじゃあ友達やれないでしょw
川灰「笑
川「その通りなんやけどw俺はないけど、俺もね
灰「うーん。無理して付き合うっていうのんがね。会っててしんどいんはお互いしんどいから会わんように段々疎遠になるもんちゃうかなぁと思うんですけどねぇ
川「そらしんどい時もあるよ。正直言ったらね。あるけど、それでもまぁ、別にそこも納得の上やん。結局
ぶ「逆に言うと友達ってそんなに都合のいい存在じゃないって最初から思ってるっていうとこもある。なんやろ、うっとうしい事も有るけどっていう
川「みんながみんな、自分の思うどおりにならへんやんか
灰「そうですねぇ
ぶ「なーんか、なんすかねぇ。俺にとって私にとって都合のいい人が友達っていう定義するならば、重い人は友達じゃないって思うし、なんか関係切っとこかって思うかもしれないけど。えー僕の定義する友達ってなんかの縁があって一緒にいるっていう事だけなんすね。じゃぁ自分の気にいらん奴もいるやろうし、なんかうっとうしい奴もいるやろうし、なんか迷惑かけてくる奴もいるかもしれんけど。まぁねぇ。そこはしょうがないんじゃないかなぁと
川「ていうか、もっと言ったら自分も迷惑かけてるかもしれんしな
灰「そうですねぇ
ぶ「そうそうそう。ソレ言ったらそうですよ。あの、ソレ迷惑かけられてうっとうしいって切られるのはいいんですけど、自分に関しては、そこで切っちゃったらおしまいやなと思ってますね
川「しゃぁないやん。そういう時もあるわと。思わんとしゃあないわな。
ぶ「うーん、そうですねぇ。あの、10嫌なことあっても、2か3はいい事あるかもしれないし。今、腹立つ相手であっても、来月は分かんないじゃないですかw
川「希望をもっとかんとね。
ぶ「いや、希望じゃないんですよ。

川「いやでもね。俺自分でも思うんやけど、段々まぁ自分の了見って言うのもやっぱ狭なってきてるような状態…
ぶ「せまなっていってるんやw!
川「狭なってきてんねん。
灰「笑
ぶ「なってってるのはソレ深刻ですねw進行してるんですねw
川「いやあのね、前まで、あの、1ええとこあったらまぁこの人ええかと
ぶ「あー今の俺いうたやつですよね
川「うん、思ってたんや。それがやっぱり、段々なんですけど、やっぱりそれが2になったり3になったりはしてきてんのよ。だんだん自分の中でも。
ぶ「なるほどなぁ
川「何でかって言ったら、段々こう自分の時間ていうのが無くなってきてるって言うのがあって、やっぱどうしても…やっぱりね、自分の中で例えば自分にとって我慢できる範囲って言うのがドンドンドンドンこう…まぁ申し訳ないけど言い方申し訳ないけど、疎遠になっていくっていう風な
ぶ「まぁ疎遠になんのはしゃあないじゃないですか。結果的に
川「まぁ友達じゃなくなったって言うわけじゃないんだけど
ぶ「ソレなんかの拍子に、あの自分が時間空いて手すきの時にですね、会えますか?とかなったら別に拒絶はない訳でしょ。まぁえっかって言う
川「拒絶はしない。
ぶ「ずっと携帯着信拒否して、MIXIアクセスブロックwいやいますよねwいますよねwなんかその、この人違うわ!と思ったら、いきなりアクセスブロックw
川「でも俺もやられたことあるけどね。アクセスブロック一回だけやられて…一回って言うか何回かやられたけど。でもなんか一方的なんよ。それ。俺会った事もないのよ。
ぶ「ないがゆえに。
灰「そうなんですかw
川「無いが故にやられるから、じゃぁこの人なにが目的で、例えばマイミク申請してきたかもわからへんし。それでナニがやりたいのかもわからへん。
灰「だから想像していた川柳さんと違ったんですよ!私の川柳さんはこんな川柳さんじゃない!みたいな
川「あぁーものすごい妄想が広がってるわけですね
灰「そんな部分かなぁ
ぶ「そうですねぇ…
灰「なんか女の子で友達やと思っていた子が、ある日突然態度が変わった事とかはあったけどなぁ。なんか
ぶ「なんかそれ恋愛が絡んだんですかねぇ
灰「いや分かんないんですけどね。急によそよそしくされてしまって
川「なんか噂話を聞いたんちゃいますか。いやあの人こんなことやってるみたいやでみたいな。やっぱそういう話を真に受けるって言うのはよくありますよ。
灰「ど、どうなんですかねぇ
ぶ「そうですねぇ。まぁ実際、どういう時かなぁ。もし友達がなんか…いかんとか、この人やヴァいなって思う…なんか包丁持って追い回してくる…
川「そんな場面にあんま出会わんなぁ

灰「金貸してくれみたいな
川「俺でもその金貸してくれってなったら、ちょっと考えるかなぁ。いや千円や二千円位やったらええけど。10万20万になってきたら、お前よう考えやって言って
灰「まぁよう昔から言いますよね。もうソレは返ってこないつもりでやってしまって、んでもう友達付き合いは考えろみたいなこと。昔からよう言いますけどね。
川「返ってこうへんから僕は一万位やるんですよね。
ぶ「でもソレおかしくないですか?やってしまって友達付き合いは考えろって。やってしまうのはなんでなんですか?
川「俺ねでもそう言われた時、一万円やっておまえよう考えやって言って、一万円やって、もう自分の方から疎遠になる。
ぶ「その一万円やったのはどういう根拠なんですか?
灰川「手切れ金ですは!
ぶ「あの、まぁ俺はそういう経験は無いんですけど。そういう金貸したりって経験は無いんですけど。
灰「僕も無いです。
川「あっ僕あるわ。
ぶ「うーんお金あげた経験も無いんですけど。ないんですけどですね
川「後でね、やっぱりナニが嫌やって言ったら、その人が後でごちゃごちゃ言うのが気に入らんのですよ。
灰「ごちゃごちゃ?
ぶ「10万貸してくれって言って1万渡したって、ソイツの後でごちゃごちゃ言うのを止めれるんですか?
川「いや少なくとも、一万円渡してるんやったら、そこに対してその人はある程度の良心は働く。
ぶ「それでももしゴチャゴチャ言ったらどうするんですか。一万円損じゃないですか。完全に。完全に一万円損じゃないですか。
川「ゴチャゴチャ言うたら?まぁいいよ。俺は自分の中で納得できるから。ソレが1万円の手切れ金やと思って。
ぶ「俺やったら、その局面にあったこと無いんですけど、1円も渡さないですよ。
川「うん。そういうやり方もあるわ。
灰「うん。
ぶ「だってそれで結局恨まれるくらいやったら、1万円渡すだけ損だから渡さないですよ。10万貸してくれって言われたら…いやその人の…友達のレベル測るのも嫌なんですけどw正直嫌なんですけどw川柳さんに10万円貸してくれって言うのと、昨日会ったやつに10万円…
川灰「笑
ぶ「その昨日会ったやつのレベルにもよると、ソレも時間もよらないと思うんですよ。友達って。昨日会ってもこいつすごい良い奴やわって思うことも、意気投合するってこともあるじゃないですか。
川灰「はい。
ぶ「ってなったら、10万渡してもええって思う奴もいるかもしれないですよ。まぁその思うやつに10万渡すのは俺いいんですよ。
川「はいはい。自分が納得してね。
ぶ「納得してね。でソレ別に返さなかったとしても、俺がこの人やったら10万渡してもええかなって思った結果なんで。別に返ってこなくてもまぁええかと思うんですけど。コレも友達のレベルを測るのかな?w例えば、具体的な名前あげて申し訳ないんですけど、例えばプチ許永中が10万円貸せって言ってきたら、嫌じゃ!ってw
川灰「笑
ぶ「嫌じゃ!って言うじゃないですかw
川「まぁそらそやなw
ぶ「それで、プチ許永中が、じゃぁぶたおさんと友達辞めますわ!って言ったら、いいよ!ってwいいよ!って言うじゃないですかw
川「まぁ言うわな
ぶ「そんなんで言われるんやったらええわって。おまえ別に10万払ってまで付き合いたないんじゃとw
川「いやまぁまぁ。そうやで。
ぶ灰「ぐふふw

川「ただそこが、例えばね、良く知ってる人間であったとしても、僕はやっぱり、よう考えやっと、コレを友達に頼むって言うのはおかしな事やでっと、とりあえずこの1万円渡したるからこれでなんか旨いもん食うて
ぶ「うまいもんくうてw
川「ちょっと考え直したらどうやと。
ぶ「wwいや、よう考えやって言うか。恐らくほぼ100%に近いと思うんですけど、そういうこと言い出す時点で、よう考えやもクソもなくて
川「そやで!
ぶ「あのぅ友達と思ってないんですよ。あんまり
川「友達と思ってないんですよ。思ってないからこそ頼みに来るんやろ?
ぶ「うん。でも、例えば川柳さんとか俺とかのレベルで、10万円って言ったら、それは友達って思ってないって言うんじゃなくて、それ以上の事考えるじゃないですか。よほど困ってんのかなって。
川「うんそやで。
ぶ「うん。それやったらまた考え別じゃないですか
灰「どうしたん?もう訳言うてみいって
川「そうそうそう
ぶ「いやもう訳は言わんでいいわ。俺に10万あるんやったら渡すからって事じゃないですか。それはまぁその人との関係でやし、ソレは俺の思い込みかもしれないけど、けど納得いくじゃないですか。で、納得いかへん人に10万円って言われたら…
川灰「笑
ぶ「あっこいつやヴァいかなって思って。いや無理ですとwいま手元にないですとwそれで怒られてもまぁしょうがないかなぁて
川「いやいや。そうなんやで
ぶ「1万円も渡したくないわ。5千円も渡したくない!
川「いやなんていうんかな。もう自分のアレですよね…もうどっちかって言ったら、なんかココで決着を着けたいみたいなのあんねん。

灰「なんかね、まぁマイミクとかでもそうなんですけど。そのぅ…私にとって友達とは互いに得るものがあって!
みたいな事を熱く言う人おるじゃないですかw主張されるというか、中学生日記みたいというか。
川「おるおるおる。おるなぁ
ぶ「主張をね!主張は大事ですからね!主張は大事ですからね!
灰「そんな大層に考えるの止めようやって思うんですけどねw
ぶ「あのぅ…もうねぇコレ。 このパターンも繰り返し…w幸福の科学の冊子にね、書いてあることにムキになって反論すんのも、そのほんまなのかどうかもわからない事にw
川灰「笑
ぶ「なんですけどぉ。でもこれは全ての悩みにわりと対応できる事やと思うから言うんですけど
灰「はい
ぶ「その重いって思うこと自体が、自分がそう思ってる証拠なんですよね。
灰「ん?
ぶ「いや、相手に、今言ったみたいに、友達とはこうであって、こうであってって言う、相手に重いことを考えてるから、相手に対しても自分を重く感じるんすよ
灰「あぁー
ぶ「人にそういうあのー…枷を背負わせるって言うか。友達とは!こうあるべきっ!て自分が言うから
灰「自分も、相手にとってそうあるべきでいなければいけないと言う強迫観念ですね!
ぶ「そそそう。自分で決めてるんですよ!要わ!
灰「はいはい。
ぶ「とどのつまりどんな悩みであっても、最終的には自分自身が思ってる事なんですよね。
川「まぁまぁそやな。
ぶ「うーん。自分と鏡で話してるのと一緒なんですよね。
川灰「うーん
川「まぁね。所詮ね、この幸福の科学の小冊子に書いてるねwことにね、ほんまかどうか分からん事に、あんまムキになって言いたかないけどw
灰「ほんまかどうかわからない事にw
ぶ「俺らがココまで言っちゃったら宗教の意味がもう成さなくなるんですよ。俺らが答え言ってしまうから。こうやって悩んでる人に、結局ね胸に手ぇ置いて考えてみっと、あなたがそう思うって事は、結局あなたが人にそういう風な目で見てるからでしょ!って、宗教とかそういうの抜きにして
灰「なるほど
ぶ「えぇ。あなたが作った事ですよ。そのルールは。だからあなたもたぶん人に重い事と言っていますよっと
川「うん。そらそうですよ
ぶ「ええ。そうなんですよ、自業自得なんですよw
川「うん。結局ね
灰「そうですね
ぶ「うーん。と思いますね!まぁそんな感じで友達付き合いも考えてもらえたらなぁと思うんですけど。あっこちらのメール…コレ紹介しようかな

→次の話題へ

出典:BS@もてもてラジ袋 tori385b.mp3
16:12  |  主張:引用  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2010.07.21 (Wed)

女の進路妨害能力の高さは異常

女の進路妨害能力の高さは異常 働くモノニュース : 人生VIP職人ブログwww

女が二人以上で話し出すとそこに異界が発生する件。バカ?
13:21  |  主張:引用  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2010.07.15 (Thu)

いじめられている君へ

571 :ネチズン(神奈川県):2008/12/24(水) 16:42:18.39 ID:aQKxbnzx
中1のとき、吹奏楽部で一緒だった友人に、だれも口をきかなくなったときがありました。
いばっていた先輩が3年になったとたん、無視されたこともありました。
突然のことで、わけはわかりませんでした。でも、さかなの世界と似ていました。
たとえばメジナは海の中で仲良く群れて泳いでいます。
せまい水槽に一緒に入れたら、1匹を仲間はずれにして攻撃し始めたのです。
けがしてかわいそうで、そのさかなを別の水槽に入れました。
すると残ったメジナは別の1匹をいじめ始めました。
助け出しても、また次のいじめられっ子が出てきます。
いじめっ子を水槽から出しても新たないじめっ子があらわれます。
広い海の中ならこんなことはないのに、小さな世界に閉じこめると、
なぜかいじめが始まるのです。同じ場所にすみ、同じエサを食べる、同じ種類同士です。
中学時代のいじめも、小さな部活動でおきました。
ぼくは、いじめる子たちに「なんで?」ときけませんでした。
でも仲間はずれにされた子と、よくさかなつりに行きました。
学校から離れて、海岸で一緒に糸をたれているだけで、
その子はほっとした表情になっていました。
話をきいてあげたり、励ましたりできなかったけれど、
だれかが隣にいるだけで安心できたのかもしれません。
ぼくは変わりものですが、大自然のなか、さかなに夢中になっていたらいやなことも忘れます。
大切な友だちができる時期、小さなカゴの中でだれかをいじめたり、
悩んでいたりしても楽しい思い出は残りません。
外には楽しいことがたくさんあるのにもったいないですよ。
広い空の下、広い海へ出てみましょう。

東京海洋大客員助教授・さかなクン


さかなクン△
22:37  |  主張:引用  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。