FC2ブログ
2010年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2010.05.22 (Sat)

プラグマティズまー

昼ドラを見ていた。
登場人物の一人、藤堂という男が冷酷非道な女にこう言った。

「お前が今までしてきた事は、お前が生きるために必要な事だったんだ…」

その言葉に僕はプラグマティズムを感じてしまった。
プラグマティズムとは簡単に言うと
「ソレの真偽善悪はどうであれ、有効であればソレを良しとする」*1
哲学の考え方だ。たしか。

辞書Ver:プラグマティズム [pragmatism]
〔哲〕〔ギリシャ語の pragma(行動)から〕一九世紀後半以降、アメリカを中心に展開された反形而上学的な哲学思想。デカルト以来の意識中心の立場を批判して、行動を重視し、思考・観念の真理性は環境に対する行動の結果の有効性から実験的検証を通じて帰納的に導かれるとする立場。パース・ジェームズ・デューイらによって創始され、現在では分析哲学との結びつきを強めてクワイン・ローティらのネオ-プラグマティズムに引き継がれている。実用主義。



tp://shinrijosei.seesaa.net/article/126708331.html
この方は原因の“外在化“について書かれている。
藤堂の言った言葉もこれにたぶん含まれるだろう。
他にもACにしろ宗教にしろ、ソレ自体の真偽善悪は分からないが
本人が楽になるならばそれは僕は有りだと思っている。

自分の人生の浮沈は、自分の責任なのよね・・


と書かれているが、僕はそれは事の一部だけしか見ていないと思う。

人を見る際にはその人のバックグラウンドは考慮されないものだが
その人自身にはたしかにバックグラウンドが存在するのだ。

だから原因の外在化が絶対的に許される…とも言い切れないのだけれど。

カウンセリング諸派の中には、
こういう外在化をうまく使って、逆に、

クライエントさんの心理的抵抗を減らし、

迅速にカウンセリングを進行させるのを、

得意とする学派もあります。



一旦、人が何かのせいにする段階があって然るべきだと僕も思う。
そこからどういう段階に進むのか、それが問題だと思う。


プラグマティズムは原因の“外在化“を包容している。
ACも宗教も包容している。
どんな歪な考え方であれ、君にとってソレが本当に有効であるなら
プラグマティズムはその考え方を包容する。

逆に言えば君を苦しめるような君にとって有効でない思想は包容しない。
苦しめるソレを捨てれば楽になる。
君もプラグマティズムに傾倒したまへ。


*1自信ないですけど簡単に説明すると大体こんな感じだと思います><

参考 女性もすなる脳と心理 様 tp://shinrijosei.seesaa.net/article/126708331.html
スポンサーサイト



14:13  |  主張:引用  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |