FC2ブログ
2019年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2011.08.31 (Wed)

不幸な女がいいのか?

僕はとある不幸らしい女性のブログを読んでいる。
ふと思ったのはこの人が不幸でなくなった場合、僕はこの人のブログを読むのかという疑問点だった。はてぶに「復活」みたいなタグがあるのでそこに入れるだろうが、たぶん読む頻度は減ると思う。

不幸な女をどこかで求めているのかもしれない。

ただ、別にアイドルのブログも読むし、αブロガーみたいな人のもたまに読む。アイドルのブログからはかかわいいなぁとか頑張ってるなぁみたいな感情を、αブロガーからはすげーとか勉強になるなぁみたいな感情を。
不幸な女のブログからはどんな感情を得ているのか。優越感とか説教したい欲とかか?むしろずっと不幸でいてほしいみたいな感情もあるとは思う。閉ざされたカイロス時間を感じたいのかな。いや復活を望む気持ちも無論あるんだろうけど。

幸せな女と不幸な女。幸せな女の方が絶対良いとは思うんだが、なにか不幸な女を求める気持ちもある。これが両義性なのかな。
僕はなにかDVとかしそうな気もする。気をつけないとな。まぁそんな機会があればだけど。
スポンサーサイト



22:59  |  自分の傾向  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2011.06.24 (Fri)

人の反応とか

人の反応とかいちいち気になる。
けどまぁ。優先順位が低い事というか瑣末な事まで気にしなくてもと思う。
しかし気になるのも仕方ないとも思う。性分なのかな。

ひきこもったりで、物事の体験が切断しがち。
23:16  |  自分の傾向  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2010.11.05 (Fri)

ふあん

嫌な人は勿論、好きな人にも会いたくない。
それは、嫌われたくないから。
今まで、嫌われてきた事が多いから、またそのパターンになるんじゃないかと…
役割をまたやってしまうかもという不安だな。
00:53  |  自分の傾向  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2010.04.26 (Mon)

僕は怒れない

屋上から水ぶっかけーの続き

とっさに降りかかった理不尽。
その時僕は怒れない。
今回は(も)?、後で理不尽をやり返した妄想をして
自分を慰めていた。

僕は怒りから逃避??する癖があるのかもしれない。
現実とは違う妄想に浸り、やり過ごそうとする…のかな?
防衛機制の例
完璧に逃避するわけじゃぁない。
ソレは僕の体に留まり、じわじわと僕の中から
滲み出ていく。
周りに少しずつイライラ不快感を振りまいていく。

直情型は僕は健全だと思う。
その場ですぐに怒りを返せる人間に僕は憧れてしまう。
逃避して周りに迷惑をかけないんだからいいじゃん
とは思わない。
怒れない(出来ない)のと怒れるけど我慢する(出来るけどやらない)は
全然、天と地ほど差がある。

逃避してもイライラが溜まるのなら
もっと自分に良い怒りの対処法を考え、身につけたほうがいい。

正解は認知行動療法あたりなのか?


追記

自分より弱い人間だと確定していたら
怒れるのかもしれない。
その辺は今後要観察だ。
22:25  |  自分の傾向  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2010.04.15 (Thu)

一年目の手紙

一年目の手紙というサイトをやってみる。
付き合って一年の恋人から手紙がくるというサイトだ。
意外と当たってるかも。
以下気になった部分を抜粋させていただく。



【分析と課題】

上田さんに求められるのは、冷たさの獲得など性質を変えることではなく、今の状態のまま自分の気持ちに余裕をつくることなのです。小さなことでガタガタしない、穏やかながらに雄大な心を持つことなのです。

また、上田さんは、自分のことに追われるだけではなく、女性の気持ちを理解し、女性のニーズを満たしてあげるという方向にも意識を向けなければいけません。女性のタイプによっても求めるものが違いますが、何よりも自分のことでいっぱいいっぱいになるのではなく、女性の気持ちに正面から向き合うことが求められています。

僕の結果tp://tegami.hanihoh.com/r/?k=10041574284bc5ed9860f36



そうそう。
俺はいっぱいいっぱいなんだ。
いつも。
己の事でいっぱいいっぱい。

自分にキャッチフレーズをつけるなら

自分の事でいっぱいいっぱい
ジムノペディ上田      見たいな感じになるだろうな。
01:41  |  自分の傾向  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |  NEXT